So-net無料ブログ作成

癌細胞の特徴 Vol.001 [癌を知る]


noteandpen
 ~ ブドウ糖を絶てば、がん細胞は死滅する! ~

● 癌細胞の特徴 Vol.001

 ◆ 正常細胞は酸素があれば、酸素を使ってエネルギーを生成する

 酸素を使ってATPを産生する代謝系を「好気呼吸」と言い、逆に、酸素を使わずにATPを産生する代謝系を「嫌気呼吸」と言います。

 アルコール発酵や乳酸発酵など、発酵過程の代謝は嫌気呼吸になりますが、この嫌気呼吸(発酵)は、好気呼吸に比べてATPの産生効率が極めて悪く、その産生量には格段の差があります。

 そのため、動物の細胞は、基本的には酸素を使い、ミトコンドリアブドウ糖脂肪酸を水と二酸化炭素に完全に分解(酸化)することで、効率良くエネルギーのATPを生成しています。

 しかし、酸素の供給が間に合わないときは、嫌気性解糖系でATPを作らざるを得ません。

 例えば、全力で100メートルを走るときのように、筋肉が短時間で大量のエネルギーを必要とするときは、筋肉細胞は、嫌気的なブドウ糖の分解によってATPを作り、このとき乳酸が大量に作られます。この反応は、乳酸菌の乳酸発酵と全く同じです。

 一方、酸素の供給が十分にある有酸素運動を行う際などは、筋肉細胞は、酸素を使ってミトコンドリアブドウ糖を酸化して、ATPを産生します。

 このように、通常の細胞では、酸素があればTCA回路酸化的リン酸化ATPを産生するようになっているのです。











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。