So-net無料ブログ作成
検索選択

癌細胞の特徴 Vol.006 [癌を知る]


noteandpen
 ~ ブドウ糖を絶てば、がん細胞は死滅する! ~

● 癌細胞の特徴 Vol.006

 ◆ ブドウ糖は癌細胞の生命線

 嫌気性解糖系が亢進している癌細胞は、正常細胞と比較して数倍から数十倍のエネルギー産生と物質合成が行われています。これは、癌細胞が数を増やしていくには、莫大なエネルギー(ATP)と細胞構成成分(蛋白質や脂質や核酸)が必要だからです。

 そして細胞は、解糖系やペントース・リン酸経路などと言った細胞内代謝系によって、ブドウ糖から細胞構成成分を作ることができるため、癌細胞では、正常細胞よりもブドウ糖の取り込みが増えているのです。

 また、癌細胞はミトコンドリアでの酸化的リン酸化を低下させる事で細胞死を起こしにくくしている事が知られています。

 細胞分裂しない神経や筋肉細胞を除いて、正常な細胞は、古くなったり傷ついたりするとアポトーシスというメカニズムで死にます。人間の細胞は、毎日3000億個以上(約200g)の細胞がアポトーシスで死に、新しい細胞が増殖して入れ代わっています。

 このアポトーシスが起きる際には、ミトコンドリア電子伝達系や、酸化的リン酸化に関与する物質(チトクロームCなど)が重要な役割を果たすのですが、癌細胞では、アポトーシスを起こりにくくする為に、あえて、ミトコンドリアにおける酸化的リン酸化を抑え、必要なエネルギーを細胞質における解糖系に依存していると解釈できるのです。

 実際、「ジクロロ酢酸ナトリウム」という薬を用いて、癌細胞のミトコンドリアにおけるTCA回路を活性化させると癌細胞にアポトーシス(細胞死)を引き起こすことができる事が報告されています。

 この為、ジクロロ酢酸ナトリウムは癌の代替医療として臨床でも使用され、有効性が報告されています。

 また、嫌気性解糖系でのブドウ糖の代謝によって乳酸増えると、癌組織が酸性になり、癌細胞の浸潤や転移が好都合になります。

 何故なら、癌組織が酸性化すると正常な細胞が弱り、結合組織を分解する酵素の活性が高まる為、癌細胞が周囲に広がりやすくなるのです。

 さらに、乳酸には、癌細胞を攻撃する「細胞傷害性T細胞」の増殖や「サイトカイン」の産生を抑制する作用や、癌に対する免疫応答を低下させる作用があります。

 加えて、嫌気性解糖系でエネルギーを産生するということは、血管が乏しい酸素の少ない環境でも増殖が可能になるということです。また、すでに述べた通り、酸素を使わないことで「酸化ストレス」を軽減できるという点も、癌細胞にとってメリットになります。

 以上のような複数の理由から、癌細胞では「嫌気性解糖系」および「ブドウ糖の取り込み」が亢進しているのです。

 そして、この「ブドウ糖の取り込み」亢進こそが癌細胞の生存や増殖や転移を支えている。と言っても過言ではありません。


 即ち、この事は、科学的・医学的にも解明されている、世界の「癌の常識」なのです。

 癌患者であるならば、ここでお話している「癌とブドウ糖の関係」を熟知し、日々の食事の「ブドウ糖」の摂取に対して最大限の注意を払わなければなりません。癌患者が糖質ブドウ糖)を無制限に摂取すれば癌を不要に育てて進行させる羽目になることを「ゆめゆめ」忘れないで下さい。

 最後に、当記事を何度も読み込んで「癌とブドウ糖の関係」について理解を深められ、癌患者が糖質ブドウ糖)を制限する療法(糖質制限療法:ケトン食療法)の良さを悟るのにお役に立てば幸いです。











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。